· 

Being

辛い気持ちのとき。

 

誰かに話を聞いてもらいたいと思うかもしれません。

気晴らしを求めるかもしれません。

 

誰かに、ただ居てもらいたいと思うかもしれません。

またある人は、一人でいたいと思うかもしれません。

 

現実に、目の前にいないとしても、思い出す誰かのこと、誰かの顔、誰かの存在。

 

それは、細く、遠く、つながっているだけなのかもしれないけれど、

 

例えば、心のよりどころ。

懐かしい場所。

ふるさと。

大好きな音楽。

 

今日は、「第一回 全国ホームホスピス協会西日本大会」と言う会に出席させていただいていました。私の地元・神戸での開催ということもあり、一緒にお仕事をさせていただいている方々と席を並べさせていただいたのでした。

 

さて、みなさん。

ホームホスピスってご存知ですか?・・・の前に、ホスピスとか緩和ケアについて、

ご存知でしょうか?

 

緩和ケアについての定義については、詳しくはこちらをご覧くださいね。

 

今日の学びで一番大きかったことは、

「マニュアルだけではできない」

ことこそ、実はこの領域では大切だ、と改めて思ったこと。

それは、積み重ねを『形』にすること。

 

私たちのように、「こころ」を対象とする場合に、見えないものであるからこそ、積み重ねが大切であること、その積み重ねを形にすることが大切でありながらもとても困難である、ということ。

 

目の前にある大きな壁のように思っていたのですが、

自分たちだけでは到底、考えられなかった方法で、まず一つ、

作っていくことができるかもしれません。

 

いや、何とか形に、と思っています。

 

さて、表題の『Being』

 

緩和ケアの領域では、よく聞かれる言葉です。

 

Doing、つまり何かをする、ということよりも

 

Being「そこにある」「存在する」ということを、

生きていく中でも強く意識する時期。

 

それは、病というイベントで、自分自身の持ち時間を少なからず意識するということに他ならないのです。

 

わずか15年ほど前までは、WHO(世界保健機関)の定義でも、日本の厚生労働省の定義でも、「終末期」という言葉が並んでいました。

未だ、そのイメージがぬぐえないのは、本当に残念なことです。

 

生きるための医療が緩和ケアです。

 

日本では今では「がんと診断を受けたとき」から受けることができ、患者本人のみならず家族や身近な人に対しても対象とされています。

現に、私たちもご家族に対してのカウンセリングをしばしばさせていただいています。

 

カウンセリングだけでなく、生きるための希望を一緒に見つけ、実現に向けてそして実現することもまた、緩和ケアには欠かせないことです。

 

私たちにできることは、今はそう多くはないかもしれません。少なくとも、目の前にある手段は、そうなのだと思います。

 

でも、それは逆に『無限』を意味する、とも思うのです。

 

何故なら、関わるひと、関わる時期、かなえたいことが現れる都度、私たちは探っているからです。

 

 

私たちと、やってみたいと思われたなら、ぜひご一緒に!

 

 

手段、資格、技術よりもまず、

 

やろうと決めること。

 

もちろん、私自身にとっても大切なことです。

 

やりたい、と思われたならいつでもお待ちしています。 

 

緩和ケアだけではありません。

 

知りたい、やってみたい、と思われたなら、ご連絡くださいね。

 

まず、そこに在ることから、始めましょう。    (知)